ALIVE-21とは?
 ホーム > 草刈り・剪定

富山の便利屋アライブサポートの剪定・伐採・除草サービス

  • 剪定・伐採前剪定・伐採後
    草刈り前草刈り後
    伸び放題になった庭木の剪定
    管理できない庭木は伐採がオススメ
    お庭、空地、農地の草刈り、草取り
    庭木の消毒
    空地・畦畔・水田への除草剤散布
    各種農作業代行  などなど

    お庭の中のゴミ、不用品の処分も致します!!



    安心宣言

    お問合せ・申し込みはこちら

料金プラン


    富山の便利屋アライブの剪定・伐採、草刈り・除草作業の料金は以下の計算に基づく料金になります。

    (1)作業代 + (2)出張経費および車両代 
              + (3)処分代 + (4)機械使用代


    それぞれの料金をプラスしていきます。以下がそれらの料金の内訳です。

    (1)作業代(3,000円〜)

     作業員にかかる料金で、1名1時間3,000円(税別)が目安になっています。例えば2名で3時間程度の作業であれば、作業代は18,000円(税別)となります。

    (2)出張経費および車両代(3,000円〜)

     基本的には2tトラックで伺い、1名につき3,000円〜4,000円が一般的です。ただ、作業の都合上、トラックを追加で用意したほうが良い場合は、別途ご提案させていただきます。

    (3)処分代 (最低3,000円〜)

     枝葉、幹、草、竹など、それぞれ処分代が違います。富山の処分場は処理能力が追い付いておらず、処分代は上昇傾向にありますが、中でも格安の処分場を選び、その料金の相場に合わせて処分代を計算させていただきます。もちろん、処分をご自分でなされるという場合は処分代はかかりませんが、実際に切ってみると予想以上の量になるため、処分までセットにされることをお勧めいたします。


    (4)機械使用代 (2,000円〜)

     剪定や伐採の場合は、主にチェーンソーやヘッジトリマーの使用代金になります。燃料代などもかかりますが、特にチェーンソーは樹木や作業環境によっては刃を消耗します。もちろん、高所作業車やクレーン等を使用する場合にも発生します。
    草刈り作業においては草刈り機の刃の消耗も激しいです。また、除草剤散布等の場合は、機械の使用代は、大型機械を使用しない限りはかかりませんが、代わりに薬剤代がかかります。
      チェンソー使用代・・・3,000円〜
      草刈り機使用代・・・2,000円〜

    お見積り例

    庭木を1本だけ伐採して、あとは剪定してほしい(←クリックで見積書サンプル)
     いままで手入れをしておられたお祖父さんが介護施設に入られ、庭を手入れできなくなったとのこと。大事にされていたので、すべて伐採というわけにもいかないが、隣に迷惑をかけている1本だけを伐採して、あとは綺麗に剪定してほしいというご依頼でした。

    空き地の除草をお願いしたい(←クリックで見積書サンプル)
     空き地が草でボウボウになっているので、除草管理をしたいということでした。最も安価に仕上げるためには、まずは一度草刈りをして、後日刈り草を回収処分すると同時に除草剤を散布。以後は定期的な除草剤散布を年に2度行うという契約としました。3、4回草刈りをするよりも安価に、しかも綺麗な状態を保つことができるため、喜んでいただけました。

    誰も住んでいない実家の庭をサッパリしたい(←クリックで見積書サンプル)
     3年ほど放置されたお庭のため、かなり荒れていました。虫もかなり見られたので、まずは庭木の消毒をさせていただき、後日、すべての木を伐採処分。さらには草刈り、集草処分まで行い、庭においてあった鉢植え等まで処分するというフルコースとなりました。

    お問合せ・申し込みはこちら

不用品処分
Copyright(C)ALIVE-21 inc. ALL RIGHTS RESERVED.?